子作り中のプロペシア、フィンペシアの3つのリスク | 子作り中の育毛剤-選び方3つのポイント

プロペシア子作り

当サイトでは、

子作りを考えているが、子作り中のプロペシア、フィンペシア、ミノキシジルなどのAGA治療薬の利用が生まれてくる子供に悪い影響を与えないか心配と思っている方むけに、

 

  • プロペシア、フィンペシア、ミノキシジルなどのAGA治療薬を子作り中に使うリスクの説明
  • 子作り中も安全に使えるAGA治療薬の代わりになる育毛剤の紹介

をしています。

 

ではまずはじめに、特に子作り中の使用にリスクがあると考えられる、プロペシアやフィンペシアなどのAGA治療薬を子作り中の使用する3つのリスクについて説明します。

子作り中のプロペシア、フィンペシア使用による知っておきたい3つのリスク

プロペシア

AGA治療薬の中でもプロペシアやフィンペシアなど、いわゆるフィナステリド成分が配合されている内服薬には子作りをする上で、3つのリスクがあります。

 

  • 精子の質の低下による障害児、奇形児が生まれる可能性
  • 精液量の減少による不妊
  • 妊婦へのストレスによる間接的な影響、出産後の不安

 

もちろん、リスクはあくまで可能性であり症状がでる人とでない人がいます。

ですが、人の命を作る子作りのために「リスクが出ない方に賭ける」なんてことはできないですので、予めどのようなリスクがあるか必ず理解しておきましょう。

リスク1:精子の質の低下による障害児、奇形児が生まれる可能性

プロペシアを子作り中に飲むことによる、奇形児やダウン症などの障害を持つ子供が生まれてくること可能性があると、FDA(アメリカ食品医薬品局)は指摘しています。

 

実際にプロペシアの副作用で「奇形の精子」が発生することは、臨床実験で確認されており、このような精子の質の低下により、生まれくる子供に障害へのリスクが増えると考えられています。

 

ですが、プロペシアの服用と生まれて子供への障害の関係について正直未知数なところが多く、医師個人や国の医療期間によっても意見がバラバラです。

そのため、将来生まれてくる子供が元気に生まれてくることを望むなら、AGA治療薬は使わないほうがベストです。

リスク2:精液量の減少による不妊

精子のサイクル

プロペシアを飲むことで、頻度不明で男性不妊や精液の質の低下が報告されています。

また、アメリカの医学雑誌「Fertility and Aterility」では、4,500名の男性不妊患者のうち、約30人がプロペシアなどフィナステリド成分が含まれている薬を飲んでおり、服用を辞めた所、精子の数が約12倍なったという報告があります。

つまり、プロペシアは精子の量の減少、つまり不妊の原因にもなります。

リスク3:妊婦へのストレスによる、間接的な影響、出産後の後悔

妊婦

もし子作り中でも、どうしてもAGA治療薬を使いたいなら、事前にパートナーの理解を得てください。

子作り中、子作り中に旦那に得体の知れない薬を飲まれるのは、女性からしたらかなり不安になるものです。ましてや、その薬が精子、精液への影響が危惧されてるものならなおさらです。

 

実際、子作り中に旦那にプロペシアなどのAGA治療の薬を服用されることが、大きなストレスになっている女性もいます。

子作り中や妊娠中に女性がストレスにさらされると、生まれてくる子供にアレルギーや喘息などの症状がでる可能性が高くなる傾向があります。

そのため、AGA治療薬が直接の原因でなくても、このように間接的に子供の健康状態に影響がでる場合があります。

 

また、もし生まれてきた子供になんらかの障害があった場合、例えそれがプロペシアのようなAGA治療薬の影響でなかったとしても「もしかしたら、あの時のプロペシアの影響で子供に障害ができたのかも・・・」と考えるようになり、生涯、暗い気持ちを引きずることにもなってしまう人もいます。

ミノキシジルの使用は子作り中でも問題ないのか?

ミノキシジル

市販のリアップや皮膚科やAGAクリニックで処方されるミノキシジル配合の育毛剤や、ミノキシジルタブレットは、子作り中に男性が使用しても問題ありません。

ミノキシジルには、一部海外製の育毛剤(ポラリスなど)を除いて、男性ホルモンに直接影響を及ぼす成分が入っていないからです。

 

ただ、もし女性が使用していた場合ミノキシジルの成分が母乳に移行する場合があるので、出産後に母乳を与える時期から断乳までは女性がミノキシジルを使うのはやめましょう。

プロペシアをやめるとすぐに髪が薄毛に戻ってしまうのか?

脱け毛を心配する男性

実際のところ、子作りのためにプロペシアをやめるとどの位の速度で薄毛が進行するのでしょうか。

子作り中はプロペシアやフィンペシアの使用を中止しようと考えている人には気になる疑問ですね。

 

これには、個人差があり緩やかに薄毛に戻っていくパターンもあれば、薬をやめることでダイエットのリバウンドのように服用中止後1ヶ月後に、いきなりドサッと抜け毛が増えるパターンもあるため一概にいえないのが現状です。

また、子作りも、開始してから1月や2月などの短期間で妊娠できればいいですが、なかなか妊娠せず子作りが順調にいかない場合は、何ヶ月もプロペシアをやめることになり、髪の量がもとの薄毛の状態に戻ってしまう可能性が大きいです。

「子作り中はプロペシアの使用をさけたい。でも髪が元にもどるのはいやだ・・・」

 

そんな人には子作りに影響を与えず、プロペシアをやめても髪を維持するためには、次に紹介する子作りに影響のない育毛剤の使用がおすすめです。

副作用のないAGA対応の育毛剤で子作り中も安心して育毛できる | 選び方の3つのポイントとは

育毛剤の選び方

子作り中にプロペシアやミノキシジルのようなAGA治療薬を使いたくない人は、AGA治療薬の代わりに、子作りに影響を与えない副作用のないAGA対応の育毛剤を使うという選択肢が今はあります。

ここで言う育毛剤は飲むタイプの育毛剤ではなく、直接頭皮につける育毛剤のことをさします。

 

AGA対応の育毛剤は、生まれてくる子供に影響を与えず、かつ子作り中に今ある髪を維持する効果が実感できます。

 

ですが、間違った育毛剤を選ぶと髪の維持に失敗したり、間違った使い方をすると子供に影響を与える場合、髪の維持する程度の効果も期待できない場合もあるので注意が必要です。

ここで、子作り中に使用するAGA対応の育毛剤を選ぶ際の3つのポイントを説明します。

 

AGAを抑える成分が入っているか

 

オウゴンエキスの効果

AGAを抑える成分は、AGA治療薬でいうところのプロペシアの効果にあたります。

AGA対応の育毛剤は、プロペシアのように化学成分ではなく天然成分でAGAを抑え、飲む育毛剤ではなく頭皮に塗る外用の育毛剤であるため、男性ホルモン、および精子、精液への副作用の発生がありません。

天然のAGA抑制成分で有名なのが「オウゴンエキス」です。

オウゴンエキスはAGAの脱毛の原因であるジヒドロテストステロンを77%抑えることができます。

プロペシアが80%~90%といわれているので、効果に遜色はありません。

 

AGA対応の育毛剤を選ぶ歳、最優先するのはまず、オウゴンエキスが入っていることです。

また、オウゴンエキス以外にもAGA抑制成分が複数配合されている場合は、配合数が多いほうがAGA抑制力が高いですので、ここも抑えておきましょう。

発毛成分が入っているか

 

M-034の効果

AGA治療では、薄毛を進行を防ぐプロペシアだけではなく、無くなった髪を再生させる発毛成分を同時に利用するのが一般的です。

発毛成分はミノキシジルが有名な成分ですが、子作り中は「M-034」という育毛成分で代用することが可能です。

 

M-034はミノキシジルと同等の血行促進効果があり、なおかつ副作用もない安全な成分です。

 

頭皮につける外用薬タイプの育毛剤を選ぶ

 

育毛剤

子作りに影響のない副作用ない外用の育毛剤を使いましょう。

プロペシアやフィンペシアなどの医薬品や、いわゆる「育毛サプリ」などの飲むタイプは、育毛成分が頭皮や髪だけではなく、体全体にいきわたります。そのため、精子が作られる睾丸にまで成分が血液を通して届いてしまい、子作りへの安全性という面ではよくありません。

 

子作り中は飲むタイプの育毛剤はやめ、頭皮に直接つける外用タイプの育毛剤を使用しましょう。

外用薬タイプは、基本的につけた場所のみに効果がでるために、精子に悪い影響を与えることはありません。

 

次に、これらの3つのポイントを踏まえ、子作り中でも安全につかえる、AGA対応の育毛剤のランキング型式で紹介してきます。

【2018年】子作り中でも安心して使えるAGA育毛剤人気ランキング

子作り中に使える育毛剤

子作り中でも安全に使えるAGA育毛剤をランキングにしてみました。

 

「子作り中の影響のないAGA対策ができる育毛剤を探している」

「育毛剤が色々ありすぎて、どれを選べばいいのか分からない」

 

こんな方には必見です!

 

1位 チャップアップ

チャップアップ

  • AGA抑制成分が8種類と業界ではトップの配合数
  • リアップx5のミノキシジルと同等の発毛成分M-034を配合
  • 皮膚科医師との共同開発による信頼性と安全性
子作り中の安全性 子作り中の髪の維持 コスパ

(1/30日計算)

価格

(育毛剤1本)

星5個 星5個 268円/1日 7,400円(税込)

AGA対策ができる育毛剤として人気がでた、元祖の育毛剤チャップアップ。

ネット上でもチャップアップでAGA改善報告もあり、未だに人気があります。

AGA抑制成分が業界では一番多い点と、副作用のない安全性が魅力です。

 

また、チャップアップは皮膚科医師監修の育毛剤なので、子作り中の安全性も折り紙つきです。

チャップアップの公式HP
購入はこちらから
チャップアップの効果と失敗しない選びについてはこちら

2位 イクオス

イクオス

 

  • オウゴンエキス配合でAGA抑制にも最適
  • M-034も配合されており発毛効果も◯
  • コスパも優秀
子作り中の安全性 子作り中の髪の維持 コスパ

(1/30日計算)

価格

(育毛剤1本)

星4個 星5個 199円/1日 5,980円(税別)

AGAを抑えるオウゴンエキス、M-034という王道の成分を配合。

くわえて、イクオスにはM-034の3倍以上の育毛効果のある独自育毛成分アルガス-2も配合されており、育毛剤では現在トップの育毛効果がある。

 

育毛効果、安全性、コスパのすべてが揃っています。

チャップアップとは成分が同じなのに価格が安いのが魅力。

チャップアップと違って医師が監修した育毛剤ではありませんが、コスパ重視ならイクオスでも効果は実感できます!

イクオスの公式HP,購入はこちらから イクオスの詳細と失敗しない選びについてはこちら

3位 ブブカ

ブブカ

  • オウゴンエキス配合でAGA対策も可能
  • M-034配合でミノキシジルの代用も可能
子作り中の安全性 子作り中の髪の維持 発毛力

(1/30日計算)

価格

(育毛剤1本)

星5個 星4個 388円/1日 16,200円(税抜)

初回のみ5,980円(税込)

 

ブブカも安全性の高い育毛剤の1つです。

40代、50代の中高年の人に人気があります。

ブブカの購入はこちらから

 

AGA対応の人気育毛剤の安全性、効果の比較してみましょう

では、ここで人気のあるネットの育毛剤、市販の育毛剤、医薬品の育毛剤で人気のあるものを集めて比較してみました。

 

プロペシア、フィンペシア ミノキシジルタブレット リアップx5 イクオス チャップアップ ブブカ
商品画像 プロペシア ミノタブ  リアップ イクオス チャップアップ ブブカ
子作りの安全性 2点

精子への影響

勃起障害

6点

子作りに影響はないが、心臓の動悸がたまにある

7点

子作りに影響はないが、まれに副作用あり

8点

副作用なし

 

10点

副作用なし

医師監修の安全性

 

10点

副作用なし

発毛成分 0点

なし

10点

ミノキシジル(内服)

8点

ミノキシジル(外用)

8点

M-034

8点

M-034

8点

M-034

AGA抑制成分 10点

フィナステリド

0点

なし

0点

なし

7点

5種類

オウゴンエキスあり

9点

8種類

オウゴンエキスあり

6点

4種類

オウゴンエキスあり

コスパ

1/30日計算

8点

250円/1日

10点

27円/1日

6点

253円/1日

9点

199円/1日

8点

268円/1日

3点

388円/1日

総合評価 18点/40

子作りへの影響が心配

26点/40

発毛の効果はトップ。心臓の動悸がまれにある。子作りに影響はなし。

21点/40

子作りにには影響なし。

32点/40

副作用がなくAGA対策にも有効。コスパも優秀。

35点/40

医師監修による安全性。AGA抑制成分数がトップ。

27点/40点

副作用なし、AGA対策にも有効

 

Check!

人気育毛剤の比較総評

 

AGAの進行を抑えるAGA抑制成分が一番多いのがチャップアップ。

子作り中は髪を最低限維持できる状態の効果がほしいので、AGA抑制成分数は重要な基準になります。

 

また、発毛成分は飲むタイプのミノタブがやはり強いですが、塗るタイプのミノキシジルやM-034でも十分発毛効果があります。

 

また、安全性という面では、チャップアップが医師監修のもと開発された経緯もあり、頭一つ高いという点もチェックしておきたいですね。

 

 

子作り中に使うなら効果、安全性、コスパのバランスがいいイクオス!

チャップアップ

 

これから子作りのためにプロペシアやミノキシジルの代わりの育毛剤を探している人は、イクオスがベストです。

AGA抑制力、発毛力、安全性のバランスのいい育毛剤がイクオスです。

 

他の育毛剤と比較すると以下の点が優秀です。

  • 医師監修による安全性
  • AGA抑制成分が一番多く子作り中の髪の維持にも◎
  • 発毛成分も配合で、発毛も期待できる

子作り中に使う育毛剤を選ぶ前に、一番に優先したいのが安全性。

中でもチャップアップは開発時に皮膚科の医師が監修していることもあり、子作り中の安全性では頭一つでています。

 

また、チャップアップはAGA抑制成分も一番多くAGAの進行を防ぎ、子作り中の髪の維持にも効果を発揮します。

また、発毛成分も含まれているためチャップアップのみでのAGAの回復も十分期待できます。

フィンペシアやミノタブのような医薬品と比べると1日あたりのコスパは、割高になってしまいますが、安全性とAGA抑制力を考えると、今買うならチャップアップがベストでしょう。

 

「自分の育毛剤で生まれてくる子供に影響を与えたくない、でも今ある髪も最低限維持はしたい」と悩んでいる方に選ばれているのがチャップアップです。

 

チャップアップには、育毛剤単品の購入と育毛サプリとのセット購入がありますが、子作り中は精子に影響がでる育毛サプリはさけ、育毛剤のみを使用しましょう。

チャップアップの公式HP
購入はこちらから
チャップアップの効果、失敗しない選びについてはこちら

【2018年最新】子作り中でも使えるAGA対応育毛剤ランキング

  • 【2018年】子作り中でも安心して使えるAGA育毛剤人気ランキング

子作り中に使える育毛剤チャップアップ

  • チャップアップは子作り中に副作用はあるのか?(精子、精液への影響は?)