子作り中の正しい育毛剤~精子、精液への影響~

当サイトでは、プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療の育毛剤を使用しており、子作りを考えているかた向けに

 

  • プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療に使う薬を子作り中に使うリスク
  • 子作り中も安全にAGA治療する方法

 

の解説を行っております。

 

※プロペシアと同じ成分であるジェネリック医薬品(フィンペシア、エフペシアなど)のリスクもプロペシアとまったく同じです

 

育毛剤には2種類あり、頭皮に直接塗る「外用薬タイプ」と、錠剤として飲む「内服タイプ」の育毛剤(プロペシアなど)があります。

結論からいいますと、頭皮につける「外用薬タイプ」の育毛剤は、精子、精液への影響はなく、子作りに悪い影響はありません。

ですが、プロペシアなどの内服タイプの育毛剤は、子作りにあたり、生まれてくる子供に悪い影響があるリスクがあると指摘されています。

 

ではまずはじめに、プロペシア(ジェネリックのフィンペシアなども含む)の2つのリスクについて説明します。

飲む育毛剤(プロペシア)の抑えておきたい3つのリスク

プロペシア

プロペシアなど、いわゆるフィナステリド成分が配合されている内服薬には子作りをする上で、3つのリスクがあります。

 

  • 精液量の減少による不妊
  • 精子の質の低下による障害児が生まれる可能性
  • 妊婦へのストレスによる間接的な影響、出産後の不安

 

もちろん、リスクはあくまで可能性であり症状がでる人とでない人がいます。

ですが、人の命を作る子作りのために「リスクが出ない方に賭ける」なんてことはできないですので、予めどのようなリスクがあるか必ず理解しておきましょう。

 

精液量の減少による不妊

プロペシアを飲むことで、頻度不明で男性不妊や精液の質の低下が報告されています。

また、アメリカの医学雑誌「Fertility and Aterility」では、4,500名の男性不妊患者のうち、約30人がプロペシアなどフィナステリド成分が含まれている薬を飲んでおり、服用を辞めた所、精子の数が約12倍なったという報告があります。

つまり、プロペシアは精子の量の減少、つまり不妊の原因にもなっているということえます。

 

>>知っておきたい!プロペシアの副作用と不妊症の本当の関係

精子の質の低下による障害児が生まれる可能性

プロペシアを子作り中に飲むことによる、奇形児やダウン症などの障害を持つ子供が生まれてくること可能性があるという指摘は、FDA(アメリカ食品医薬品局)でされています。

実際にプロペシアの副作用で「奇形の精子」がでることは、臨床実験で確認されており、このような精子の質の低下により、生まれくる子供に障害へのリスクが増えると考えられています。

 

ですが、プロペシアの服用と生まれて子供への障害の関係について正直未知数なところが多く、医師や国の医療期間によっても意見がバラバラです。

 

>>【実際は?】プロペシアの副作用で奇形児、ダウン症の障害はあるのか

 

妊婦へのストレスによる、間接的な影響、出産後の後悔

 

子作り中、妊娠中に旦那に得体の知れない薬を飲まれるのは、女性からしたらかなり不安になるものです。

ましてや、その薬が精子、精液への影響が危惧されてるものならなおさらです。

 

実際、子作り中に旦那にプロペシアなどのAGA治療の薬を服用されることが、大きなストレスになっている女性もいます。

子作り中や妊娠中に女性がストレスにさらされると、生まれてくる子供にアレルギーや喘息などの症状がでる可能性が高くなる傾向があります。

 

また、もし生まれてきた子供になんらかの障害があった場合、例えそれがプロペシアの影響でなかったとしても「もしかしたら、あの時のプロペシアの影響で子供に障害ができたのかも・・・」と考えるようになり、生涯、暗い気持ちを引きずることにもなってしまいます。

 

プロペシアをやめると髪が薄毛に逆戻りする恐怖

脱け毛を心配する男性

プロペシアを使って子作りすることで胎児や生まれてくる子供に影響がでるのは最も恐ろしいことです。

ですが、男性にとってはプロペシアの服用をやめることでせっかく止まった抜け毛が再度進行したり、また以前の薄毛の状態に戻ってしまうのも、同じくらい恐怖だったりします。

それをきくと女性は、「子供と髪どっちが大事なの!?」と声を大にして言いたくなりますが、どっちも大事にしたいのが男の本音であり、女性に理解してほしいところでもあります。

 

実際のところ、プロペシアをやめるとどの位の速度で薄毛が進行するのでしょうか。

 

これには、個人差があり緩やかに薄毛に戻っていくパターンもあれば、薬をやめることでダイエットのリバウンドのように服用中止後1ヶ月後に、いきなりドサッと抜け毛が増えるパターンもあるため一概にいえないのが現状です。

 

そして髪は一度抜けると、ヘアサイクル上、3,4ヶ月の休止期にはいるため、その間は髪が生えてこなくなります。

また、子作りも、開始してから1月や2月などの短期間で妊娠できればいいですが、妊娠しやすい月に一回の女性の排卵期を狙って性行為をしても、妊娠の確率は20%~25%と言われています。

そのため、子作りが順調にいかない場合は、何ヶ月もプロペシアをやめることになり、髪の量がもとの薄毛の状態に戻ってしまう可能性が大きいです。

 

プロペシアと同じ効果のある外用の育毛剤を使えば、子作り中も安心して育毛できる

AGAに聞く育毛剤

AGA治療のために処方されたプロペシアやミノキシジルなどの、いわゆる医薬品の効果は、「AGA」という言葉が普及し始めた2000年台のはじめには、よくCMでいわれるとおり「AGA治療はお医者さんで」という方法しかありませんでした。

 

ですが、最近では、民間のメーカーによって副作用がないプロペシアやミノキシジルと同じ効果がある育毛剤が開発されており、病院に通院しなくてもAGA対策ができるようになったのをご存知でしょうか。

 

このAGAに効果のある育毛剤は、プロペシアと同じ、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制する成分や、ミノキシジルと同等の血行促進成分が配合されています。

 

また、プロペシアと違って基本的に頭皮に直接つける外用薬タイプの育毛剤なので、精液や精子に影響を与えることはありません。

そのため、子作りのためにプロペシアを辞めても、育毛剤だけで髪を維持して、安全に子作りをすることが可能です。

AGAに効果のある育毛剤は

  • 子作り中にプロペシアやミノキシジルを使わずに髪を維持したい
  • プロペシア服用後になくなった性欲を取り戻したい
  • 病気でもないのに、プロペシアのような薬を毎日飲み続けるのが嫌だ
  • 通院せずに自宅で、1人でAGA対策したい

このようなニーズのあるかたに選ばれています。

 

AGA対応の育毛剤の安全性、効果の比較してみましょう

では、ここで子作り中に使用する育毛剤はどれがいいか、ネットの育毛剤、市販の育毛剤、医薬品の有名どころのみ集めて比較してみました。

 

プロペシア リアップ5 イクオス チャップアップ フィンジア
商品画像 プロペシア  リアップ イクオス チャップアップ フィンジア
子作りの安全性 2点

精子への影響

勃起障害

7点

子作りに影響はないが、まれに副作用あり

9点

副作用なし

 

10点

副作用なし

医師推奨の安全性

8点

副作用なし

発毛成分 0点

なし

8点

ミノキシジル

8点

M-034

8点

M-034

10点

キャピキシル

ピディオキシジル

AGA抑制成分 10点

フィナステリド

0点

なし

5点

5種類

9点

8種類

3点

2種類

コスパ 6点

250円/1日

6点

253円/1日

10点

199円/1日

6点

268円/1日

3点

332円/1日

総合評価 18点/40

点子作りへの影響が心配

21点/40

点心臓の動悸などの副作用がまれにあるが、子作りにには影響なし

32点/40

点副作用がなくAGA対策にも有効

33点/40

点安全性が抜群、AGA対策にも有効

24点/40点

副作用なし、発毛効果が優秀

【2017年】子作り中でも安心して使えるAGA育毛剤ランキング

これらの比較を踏まえて、総合評価をもとに「子作り中でも安全に使えるAGA育毛剤」をランキングにしてみました。

どれを選べばいいのか分からない人は必見です。

 

1位 チャップアップ

チャップアップ

  • 医師監修の安全性の高い育毛剤・AGA抑制成分が育毛剤で業界最多の8種類
  • リアップx5のミノキシジルと同等の発毛成分M-034を配合
  • 永久返金保証で万が一肌に合わない場合も金銭的リスクが少ない
子作り中の安全性 子作り中の髪の維持 発毛力 総合評価
星5個 星45個 星4個 33点/40点

子作り中に子供への影響も心配せずに、髪も維持したいならチャップアップです。

医師監修の安全性は子作り中の人にとってはやはり魅力的です。

そして、肝心の育毛効果も高く子作り中もAGAを抑えて、髪の発毛も促すことができます。

プロペシアに比べると効果は緩やかですが、最低限子作り中の髪の維持に効果を発揮できる育毛剤です。

チャップアップの公式ホームページ

 

2位 イクオス

イクオス

 

  • 副作用がない安全性の高い育毛剤・発毛成分とAGA抑制成分配合
  • 育毛剤の中ではコスパが優秀
子作り中の安全性 子作り中の髪の維持 発毛力 総合評価
星4個 星4個 星4個 32点/40点

コスパが魅力にイクオスは、育毛剤初心者にも最適です。
イクオスは、チャップアップの後発で発売された育毛剤です。
成分がほとんどチャップアップと同じで子作り中の副作用もありません。
医師の監修の育毛剤ではないですが、そこを気にしない人ならコスパ重視のイクオスでも大丈夫です。
 
イクオスの公式ホームページ

 

3位 フィンジア

フィンジア

  • ミノキシジルの3倍の効果があるキャピキシル配合・副作用なしの安全性
子作り中の安全性 子作り中の髪の維持 発毛力 総合評価
星4個 星3個 星5個 24点/40点

リアップx5に配合されているミノキシジルの3倍の発毛力があるキャピキシルが配合されています。
AGA抑制成分が弱いため、髪の維持は難しいです。
ですが、これまでリアップx5を使っていたひとなら、子作り終了後にプロペシアと一緒に使ってみると効果を実感でいるでしょう。
 
フィンジアの公式ホームページ

 

子作り中に使うなら安全性が優れたチャップアップ!

チャップアップ

 

これから子作りをされるのであれば、チャップアップを推奨します。

 

安全性、AGA抑制力、発毛力とバランスのいい育毛剤がチャップアップです。

他の育毛剤と比較すると以下の点が優秀です。

  • 医師が監修した唯一の育毛剤
  • 医薬成分なしの天然成分で作られているため副作用がない
  • もちろん精子の影響や勃起障害も起きません
  • 万が一肌に合わない場合も安心の永久返金保証付き

やはり、医師が監修という点が一番大きいのではないでしょうか。

自分の育毛で生まれてくる子供に影響を与えたくない、でも今ある髪も最低限維持はしたいと悩んでいる方は一度試してみる価値はありますね。